【初心者必見】着火剤としてはこの3つがオススメ【手軽で安い】

こんにちは、キャンプ大好き!さんたくんです。

今日は、着火剤のお話です。

火起こしを簡単にしたい人にオススメです。

また予備に持っていれば心強い商品です。

もちろん性能も抜群です。

キャンプの楽しみの1つに「焚き火」があると思います。

キャンプ初心者の頃は火の付け方を勉強して色々試した人も多いでしょう。

しかし、キャンプに慣れてくると火起こしは早く済ませたいなぁと思う時期が来ます。

今回はそんな人に最適な着火剤を3 つご紹介します。

これらはかなりオススメです。

是非ご覧ください。

目次
・オススメ着火剤!
→1位 文化たきつけ
→2位 固形燃料
→ティンダーウッド
・液状タイプはダメ!
・まとめ

オススメ着火剤!

・1位 文化たきつけ
・2位 固形燃料
・3位 ティンダーウッド
それでは順番に見ていきます。

 

1位 文化たきつけ

 


パッケージ的には古臭く「なんだコレ!?」と思うかもしれませんが外見で判断してはいけません。

文化たきつけは良く燃えます!

なぜなら、素材が木材繊維に灯油を浸してあるからです。

使い方は簡単で、ちぎって火を起こしたい薪や炭の下に置いて着火すればOKです。

灯油が染み込んでいるので直ぐ着火します。

しばらくすれば薪や炭に火が燃え移り難なく火起こしが出来ます。

2位 固形燃料

 


固形燃料も着火剤として使えます。

これは良く旅館などで出される料理に使用されている物です。

これも火を起こしたい薪や炭の下に置いて着火すればOKです。

しばらくすれば薪や炭に火が付きます。
この固形燃料は下記のミニ焚き火台にも使えます。


これを1つ持っていればお湯を沸かしたいだけとかに重宝します。

ミニ焚き火台と固形燃料を持っていればちょっとした料理にも利用出来るので便利です。

 

ティンダーウッド

 

 


これは『天然の松の木』から切り出されたままの、自然の着火剤です。

使い方はフェザースティックの代わりにこれを使えば直ぐ火が付きます。

もちろんフェザーにしなくてもそのままの状態でも問題ないです。

これを予備として持っているだけで心強いです。

天然成分で腐らず、防水性もあるので着火剤の予備としては最適です。。

ファイヤースチールとこれがあれば火起こしは楽に出来ます。

 

液状タイプはダメ!

着火剤として液状タイプもあります。

液状タイプもで火が付きますがあまりオススメしません。

 


良く見れば炎が出ているのですがその炎が分かりづらいです。

まだ火が付いていないと思い手を入れたら熱かった経験が何度かあり危険を感じ使用を辞めました。

子供などがいる場合は気をつけたほうが良いです。

 

まとめ

キャンプを経験していくとどこかで時短をしたくなる場面が出てきます。

着火はその1つだと思います。

もちろんキャンプには火起こしの楽しみもありますので気分で使用するのが良いと思います。

固執せず楽しむのが一番です。

それでは楽しいキャンプをしましょー!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

この記事が面白いと思って頂けたら、普段は”ギアちょうだい”というblogで執筆をしているので宜しかったら遊びに来て下さい。ありがとうございました。
https://camera-sanpo.com

報告する

関連記事一覧