バーベキューシート比較!ダイソー・ニトリ・DCMブランド実際に使ってみた!


以前は使っていたのですが、サビだらけにさせてしまい捨てました。。

なので大き目のフライパンで代用していたのですが、やっぱり鉄板も欲しいなぁ~なんて思っていたある日、見つけたのが【バーベキューシート】!

ぺらっぺらのシートなのですが、網の上に乗っければ鉄板代わりになっちゃうというこの代物!


実際使ってみた感想を詳しくご紹介していきます!

目次
・バーベキューシートとは?
・バーベキューシートの比較
→・【ニトリ】BBQシート
→・【ダイソー】バーベキュー便利シート
→・【DCMブランド】バーベキューメッシュマット
・それぞれのバーベキューシートを実際に使ってみた!
→・炭火で実際に使ってみる
→・バーベキュー後のお手入れ
・バーベキューシートのメリットデメリット
→・デメリット
→・メリット
・バーベキューシート比較!ダイソー・ニトリ・DCMブランド実際に使ってみた!:まとめ

バーベキューシートとは?

 


                                        出典:ニトリ BBQシート
バーベキューシートとは、網の上に載せるだけで鉄板代わりになる、テフロン加工を施したグラスファイバーの耐熱シートです。

グラスファイバーは不燃性素材なので燃えることはないので安心して使用できます。(ただ、耐熱温度は260度なので直火はNG。)

魚焼きグリルやオーブンでも使用可能。


                            出典:Heavy Duty Non Stick Reusable BBQ Grill Mat
鉄板だとくっつきやすい、卵やベーコン・ホットケーキを焼くにも楽ちん♪

鉄板に比べて圧倒的に軽い&コンパクトなのと、食材がこびりつかないのがとてもいいです。

 

 

バーベキューシートの比較

 


今回我が家が購入したのは、左からニトリ・ダイソー・DCMブランド(ケーヨーD2で購入)のバーベキューシートです。

ニトリとダイソーは穴の開いていないシート、DCMブランドは細かいメッシュタイプのシートになっています。


それぞれの大きさを比較するとこんな感じ。(左からニトリ・DCMブランド・ダイソー)

ニトリとDCMブランドは40×33㎝で同じサイズ、ダイソーは30×30㎝と一回り小さくなっています。

 

【ニトリ】BBQシート

 


ニトリの【BBQシート】は2枚入りで499円(税込)。

 


中身はこんな感じでシートが丸まっており、プラスチックのリングで束ねられています。


プラスチックのリングは一部分だけ平坦になっているので、置いておいてもコロコロ転がらないのが嬉しい。


リングを外し広げると、2枚の真っ黒なシートがお目見え。


材質はガラス繊維でふっ素樹脂塗膜加工されています。

テカテカと黒光りしており、細か~い凹凸があります。

耐熱温度は250度で、他の2つのシートより10度低くなっています。

 

【ダイソー】バーベキュー便利シート

 


続いては100円均一のダイソーから【バーベキュー便利シート】です。

 


裏面はこんな感じ。


なぜかダイソーのバーベキューシートのみを撮った写真を撮り忘れておりまして、ニトリとの2ショットで失礼します。

左がニトリ、右がダイソーでやはりダイソーの方が一回り小さいですね。(ダイソーは30×30㎝)


アップてみるとニトリのバーベキューシートよりもツヤがなく、凹凸も大きいです。


比べるとよくわかりますね。ニトリの方がテカテカしています。

材質はグラスファイバー、ポリテトラフルオロエチレン(ふっ素樹脂)となっており、ニトリと変わらないはずなのですが、作り方に違いがあるんですかね?

耐熱温度は260度でニトリよりも10度高くなっています。

 

【DCMブランド】バーベキューメッシュマット

 


DCMブランドのバーベキューシートメッシュマットは、1枚217円(税込)でした。


裏面。サイズはニトリと同じ40×33㎝ですが、こちらも好きなサイズにカット可能です。


袋から取り出してみると、ニトリとダイソーのBBQシートと違いかなりしっかりしており、持ち上げてもそんなにクニャッとなりません。


よく見ると、一本一本が編まれていて丈夫そうな作りをしています。

材質はグラスファイバーにPTFEコーティング(ふっ素樹脂)がされています。


耐熱温度は260度となっています。

 

それぞれのバーベキューシートを実際に使ってみた!

それでは!実際にそれぞれのバーベキューシートを使ってみた感想をご紹介します!

 

炭火で実際に使ってみる

 


まずはダイソーのバーベキューシートを使ってみます。(カットしました)


直火にならないように注意して、炭との距離はこの位に。

ちなみにこのグリルはキャプテンスタッグのもの


早速ほっけと牛肩ロース肉を焼く!(比較したかったので網にも肉を載せました)


しばらく焼いていると何やら肉から泡が!!!!


と恐怖におののきましたが、これは動物性油脂がシートの凸凹により泡立っただけでした。

味も変わらず美味しい!

ただ、このくらい厚みのある肉だったら網でもそこまでくっつかないし、せっかくの炭火をシャットダウンしてしまうシートよりも、網の方が美味しく感じたかな。

 


ちなみに肉から出た脂による焦げ付きは、キッチンペーパーでサッと拭き取れば簡単に落ちました。


ほっけの方はというと、あら!全然くっついてな~い!

魚を網の上で焼くと大概ガッツリ皮がくっついしまい、腹立たしい思いをしますが、その心配はゼロです。


私的には、魚の場合網焼きよりもシートを使用したほうが美味しく感じました。


続いてはニトリのバーベキューシートで、牛タンを焼く!


牛タンの場合網で焼くと魚同様くっついてしまいムカッとしますが、シートを使えばそういったこともなくひっくり返すのもワクワクものです♪

ちなみにBBQシートは両面使えるので、汚れたらひっくり返して使うこともできます。


でもね、牛タンに関してはDCMブランドのバーベキューメッシュマットが最高でした。


無駄な脂は落とさず、それでいて炭火の味もいきていて食感はやわらかくて、確実に普通の網やBBQシートよりも美味しく感じました。


はい。続いてはニトリのBBQシートに「こてっちゃん」を、そしてメスティンの中にはカットしたBBQシートを敷いて目玉焼きを焼いてみました。

メスティンにクッキングシートを敷いてくっつかないようにするという人は多いと思いますが、BBQシートなら何度でも繰り返し使えるので毎回切る手間が省けますね。

 


こてっちゃんに関しては最高でした。

鉄板でこてっちゃんを作ると、たれが焦げ付きやすくてちょっと面倒ですが、BBQシートならくっついたり焦げ付くこともなく火が通りました。


味もすごく美味しくて、普段はこてっちゃん苦手な母や私もモリモリ食べちゃったくらい。柔らかくて美味しかった♪


最後は焼きそば!

BBQシートでは間違いなく美味しく上手に作れるのはわかったので、あえてDCMブランドのメッシュマットを使用して作ってみました。

細かいとはいえ穴が開いているので、食材が落っこちゃうかな?と思ったけど意外と大丈夫で、もやしが3個落っこただけ。

網は持つのも簡単なので(熱ければ手袋を使用)ちょっと余った食べ物をお皿に移すのも簡単。

3ブランドのBBQシートを使ってみたわけですが、ニトリとダイソーのバーベキューシートはサイズ以外の違いは感じませんでした。(耐久性は今後検証)
DCMブランドのメッシュマットに関しては、網焼きの際は毎回使いたい!と思うほど使い心地が良かったです。
【食材がくっつかない・美味しくなる・お手入れ簡単・網の洗浄が最小限で済む】

 

 

バーベキュー後のお手入れ

楽しいBBQが終わったら、面倒なお片付け。

バーベキューシートを洗っていきます!


こてっちゃんのタレがギットギトについたシートを普通のスポンジと洗剤で洗います。


はい!10秒でピッカピカ!!


メスティンに入れたシートも簡単にピカピカ!!

全体を覆えるようにカットしたいけど、クッキングシートと違い厚みがあるので全体を覆うのは難しいかな?


メッシュマットはそもそもそんなに汚れが付きませんでいたが、チラホラ汚れたいたので洗います。


3秒でピカピカ!あとは乾かすだけ。

 

バーベキューシートのメリットデメリット

実際に使ってみて感じたバーベキューシートのメリットとデメリットについてちょっとご紹介します

 

デメリット

 


一番は直火で使用できないこと。

「直火で使用して穴が開いてしまった」という話もよく聞くので、直火はNGです。

 

 

メリット

 


鉄板に比べて圧倒的に軽くてコンパクトになりお手入れも簡単!だけど十分に鉄板の役割をはたしてくれました。


油の量は最小限ですむし、そのまま皿の上に置くこともできたりと、鉄板ではできないメリットも沢山。

そしてDCMブランドのメッシュマットは、網焼きするなら絶対使いたい!と思いました。

とにかくくっつかないし、ほどよく油は落ちるし、何より食材が美味しい!

 

バーベキューシート比較!ダイソー・ニトリ・DCMブランド実際に使ってみた!:まとめ

BBQシートを使ってみて思ったこと!


鉄板は重いし洗うのも大変。だからキャンプに持って行かないことあったり。

でもバーベキューシートなら軽くてコンパクトなので、グリルセットに入れてもかさばらないし、「鉄板があればなぁ」なんて悔しい思いもしなくて済みます。

自由にカットできるので、ソロ用の小さいグリルからファミリー用の大きなグリル、更に丸いグリルなど、自分のオリジナルのサイズにできるのも鉄板と違い嬉しいところ。

 

この記事が面白いと思って頂けたら、普段は”フラミン子Blog”というblogで執筆をしているので宜しかったら遊びに来て下さい。ありがとうございました。
https://flamin-ko.com

報告する

関連記事一覧