不思議とおいしい組み合わせ。次のキャンプ飯は「豚りんご鍋」で決まり!

どうも、オシャレキャンプを目指すOSRです。

今回は長野県にキャンプに行ってきました。名産物のりんごを使って何か作れないか考えていたところ、冬キャンプで温まる「豚りんご鍋」にたどり着きました笑。

お味噌の風味とりんごのシャキシャキ感。煮込んだ豚肉とキャベツの旨味が口に入れた瞬間に一つになって、一口食べた瞬間に旨い!そして温まる~!って感じでした。

鍋×りんごの組み合わせ


お鍋にりんごが入るなんて想像がつきませんよね!「1日1個のりんごは医者いらず」という言葉をご存知でしょうか。りんごは栄養素が高く、生で食べるよりも温めるほうがその栄養価が高まるとも言われています。

りんごといえばデザートのイメージですが、カレーやシチューの隠し味にも使えるので料理にも最適だと思いました。

りんごの味を完全に消すことなく、高め合ってくれる素材がお味噌でした。この組み合わせが抜群で、食べた後にりんごの風味がスッとくるのでさっぱりおいしく食べれます。

りんごは野菜?

スイカやメロンって実は野菜のカテゴリーなんですよね。でもりんごは果物です。違いって分かりますか?

正解は・・・りんごは樹になるので果物になるそうです。

それでも野菜と同じく栄養をたっぷりとれるので、料理に使うのは健康的でヘルシーな食材としては一石二鳥です。

最近はみかん鍋もあったりするので、鍋と果物の組み合わせも案外いけます。

調理に使ったギア

□ニトリ:軽量土鍋風卓上鍋(2~3人前)

□イワタニ:タフまる

*キャンプで使うお鍋はいくつも購入しましたが、このニトリの鍋・・めちゃくちゃ良いです。土鍋のようにみえて土鍋ではない、そしてとにかく軽いんですよ!

用意する食材(3~4人前)

□みそ200g 

□水600~800ml

□豚肉300g

□キャベツ大玉1/4

□ねぎ

□豆腐

□きのこ(しめじ・えのき等)

今回は「まつやのとり野菜みそ」を使用しました。地方によってお好みの味が違うかと思います。野菜の具もなんでもアリ!お好きなものでどうぞ!!

調理開始

調理は煮込むだけなので、超簡単。お野菜はカットしてジップロックにいれて洗うと手早く下準備できますよ!調理はいつものお鍋と同じくお好みで大丈夫です!

~作りかた~

1. 鍋に水とお味噌を入れ溶かします。

2. 豆腐をいれて野菜を上から盛り付けていきます。

3. お肉が固くならないように盛り付けた野菜の上に、豚肉をのせる。

4. りんごはできるだけ薄くスライスして、豚肉に添えて完成!!

このように盛り付けを写真に撮りたい方は、豚肉が後から煮込めるように野菜の上にりんごと一緒にのせてみてください。

ポイントはリンゴの皮が赤くお肉の色がピンク色の方が綺麗に見えて食欲もわきます!

まとめ・感想

思っていた通りお味噌の甘味とりんごの酸味の相性が良く、ほんのりとした風味がアクセントになり身体の芯から温まりました。

野菜はキャベツとりんごの食感がシャキシャキで、豚肉と一緒に食べるといくらでも食べれそうなおいしさでした。

りんごは良くも悪くも少し甘さがなくなって、ほんのりりんごの風味が残るお野菜のような感じで意外とお鍋にいれても違和感はありませんでした。

栄養価の高いりんごと野菜たっぷりのお鍋で、ヘルシーに温まることができる「豚りんご鍋」は冬キャンプで一度試してみてはいかがでしょうか。

それではまた!!

この記事が面白いと思って頂けたら、普段は”OSRキャンプのブログ”というblogで執筆をしているので宜しかったら遊びに来て下さい。ありがとうございました。

https://www.osrcamp.com/archive

報告する

関連記事一覧