気軽にデイキャンプ そなエリア東京編

大人の誕生日会をしようと、都内で気軽にバーベキューできるところを探してみました。そこで見つけたのが江東区有明にある「そなエリア東京 バーベキューガーデン」。今回は、食材を自分たちで調達して休日を楽しむことにしました。

そなエリア東京はこんなところ

江東区有明にある基幹的広域防災拠点である東京臨海広域防災公園。「そなエリア東京」は防災体験学習ができる施設だそうです。この公園内の一角が「そなエリア東京バーベキューガーデン」になっています。

都内で気軽にBBQをしに行こう

ここ「そなエリア東京バーベキューガーデン」は食材持ち込みもOK、食材を予約して手ぶらBBQもOKという自由度の高いバーベキュー場です。

機材レンタルだけ、つまり食材などを持ち込みをする場合は大人ひとり1,000円ととてもリーズナブル。料金のなかには、テーブルコンロ、人数分のイス、炭(追加可能)、網やトング、ラップやホイルなどのキッチン小物、そして調味料(塩、コショウ、醤油)も含まれています。

平日や12月~3月は11:00~15:00の1部制、土日祝と7月は10:00~13:00、14:00~17:00の2部制となっています。ドリンクは自販機と売店があるのである程度は買うことができます。

そなエリア東京への交通手段と買い出し場所

そなエリア東京があるのは江東区有明。ゆりかもめの有明駅からは徒歩2分、りんかい線国際展示場駅からは徒歩4分です。ゆりかもめで豊洲から乗る場合のおすすめの買い出し場所は、ららぽーと豊洲にある「フードストアアオキ」です。

フードストアアオキは静岡に展開するスーパーマーケットで、魚売り場が充実しています。お肉なども良い食材を扱っています。豊洲駅周辺には他にもスーパービバホーム2階に「文化堂」というスーパーマーケットがあります。こちらはアオキより庶民的な価格なので買い物がしやすいところです。

本日のメニューはにじます塩焼きに、ステーキ

まずはフードストアアオキで楽しい買い出しを

2018年3月の終わり、今回のBBQの名目は「大人のお誕生会」。なので、ちょっと気合を入れて食材は「フードストアアオキ」で調達します。まずは魚売り場に行ってみると、おあつらえ向きにニジマスの串うちされたものが並べられていました。これはナイス!

次に浅蜊をカゴに入れて、お肉売り場へ。お誕生会ですから、小さめながらおいしそうなステーキ肉を2種類。箸休めに茄子のお新香、ビール、赤ワインなど購入。では、会場へ向かいましょう。

最初の一歩、炭の火おこしに苦戦するも・・・

ゆりかもめの有明駅から出てすぐにそなエリア東京でした。受付を済ませて、設置場所の説明を受けます。カゴに必要な小物や調味料を入れて、機材を持って場所を決めて・・・。3月なのに、日差しがキツイ。タープを借りればよかったかなとちょっと後悔。でも、キャップはかぶってきたのでそれで間に合わせることにします。

テーブルコンロを設置して、イスや食材を配置して。さて火をおこそうとしたら、うーん、なかなか点かない。近くにいたスタッフさんに声を掛けたら、快く応対してくださって助かりました。火がおきなきゃ、何もはじまらないもの・・・。

火も景気よくおきたところで、まずはニジマスに塩を振ってセット。これは端っこ寄りにおいてじっくり焼いていきます。

それでは「ハッピーバースデー!!」の乾杯!
次に、にんにくのオイル焼きを仕込みます。アルミホイルに皮を剥いたニンニクを並べてオリーブオイルをたらします。これも端っこにおいて、じっくり火を通します。水場でさっと洗ってきた甘長とうがらしや、ヒレステーキを焼きましょう。

かくして大人のお誕生日会BBQは進む

ステーキ肉は焼きあがる前にキッチンバサミで一口大にカットして、それぞれ仕上げ焼きをしてお口にポイ。うーん、赤ワインが合います。甘長とうがらしもいい感じに焼けました、こちらは塩を振って。

コンロの中の炭は、場所の半分は炭多め(火力強め)もう半分は炭少なめ(火力弱め)にしておくと焼き加減の調節がラクになりますよ。ここでちょっと箸休め、茄子のお新香を。

メインのサーロインをいただきます

メインはサーロインのステーキ肉、ちょっと小さ目ですが大人は量より質です。おいしいところをちょこっとね。なるべく厚い肉を選んで、コショウをきかせて焼きます。

この頃にはホクホクになったオイル焼きのニンニクをつぶしながらつけて食べるのがおススメです。バターもちょっと乗せて風味よく。

BBQの締めは・・・ラーメンにコーヒー♪

〆のラーメンとコーヒー

そろそろ〆に行きますか。本日の〆は浅蜊塩ラーメンです。家から持ってきた鍋でサッポロ一番塩ラーメンをベースに浅蜊をイン。あー、染みるお味です。ラーメンスープを吸った浅蜊もおいしい~。

Pが売店からコーヒーを買ってきてくれて、しばしまったり。周りはとてもにぎやかにいろんな人たちが休日のバーべキューを楽しんでいます。こういうのをぼんやり眺めているのもいいものです。

さて、時間だ。コンロはスタッフの人が回収してくれます。身の回りの片付けが終わったら、他のレンタル機材を返却してごみを捨てて。楽しかった、また来るね。

都内で気軽にできるバーベキュー場

今回訪れたのは、「そなエリア東京バーベキューガーデン」。アクセスも良く、人気のあるバーベキュー場です。ファミリーからグループ、合コン?という感じの人たちもいました。

基本になる機材レンタルはお安く、食材持ち込みもOK、また、食材などを予約して手ぶらでも楽しむことができます。タープやクーラーボックスなどレンタル品もあるので、必要に応じて予約するのがおすすめです。

ということで今度の休みは、あなたも気軽にバーベキュー楽しんでみませんか?

最後まで読んでいただきましてありがとうございました♪
フードストアあおき東京豊洲店 :  東京都江東区豊洲2丁目1−14
そなエリア東京バーベキュー場 :  東京都江東区有明3丁目8−35

この記事が面白いと思って頂けたら、普段は”life of Earlybird”というblogで執筆をしているので宜しかったら遊びに来て下さい。ありがとうございました。

https://earlybird.life

報告する

関連記事一覧