【初心者向け】焚き火の付け方。コツさえ掴めば簡単に火が付く!

キャンプの醍醐味といえば焚き火。

火を眺めてるだけでとても癒されますよね。

しかしキャンプ初心者にとって焚き火は火を起こすのが難しいイメージがあるかもしれません。

実際、手順を間違えると全く火がつかないんですよね。

逆に手順さえ守れば簡単に火をつけることができます。

僕も初心者だけど焚き火できたよ!
今回は初心者向けの簡単な焚き火の方法を紹介します。

焚き火をする時に用意するもの

焚き火をする時に最低限用意するものは以下の通り。

着火剤
・点火道具(マッチやライター)
・火種となるもの
・薪

点火道具はマッチやライターなどなんでも良いのですが、SOTOのスライドガストーチが伸縮できてガスも補充できるのでとても便利ですよ。

ソト(SOTO) スライドガストーチ

火種となるものとは枯れ葉や松ぼっくり、麻紐をほぐしたものなど燃えやすいものの事です。

薪は現地調達でも可能ですが、慣れないうちは市販のものを購入することも考えたほうがいいかもしれません。

理由としては、落ちている薪はよっぽど天気の良い日じゃないと多少なりとも湿気っていることが多いからです。

また、慣れないうちは水分を多く含んだ生木を拾ってしまうことも。

生木を燃やそうとすると水分が蒸発して煙が黙々とあがってしまいます。

それに売っている薪のような太くて質の良いものはそうそう拾うことができません。

以上のことから、質の良い焚火をしたいのであれば薪を購入することをおすすめします。

ちなみに薪は地面に直置きしてしまうとすぐに湿気ってしまいます。

薪スタンドなどに薪を置くようにしましょう。

BUNDOK(バンドック) 薪 キャリー スタンド

しけった薪を使うなら

とはいえ、薪を現地調達したい気持ちはとてもわかります。

ということで落ちている薪が湿気ってしまっている時の対処法を解説します。

対処法は3点。

・表面の皮を削ぐ
・割って内部から燃やす
・熱源の近くに置いて乾かす

薪は表面上濡れていても中は乾燥している場合があります。

まずはナイフなどで薪の表面を軽く削ぎ落としてみましょう。

また、薪割りの要領で割れば乾いた中身が出てくるのでその方法で湿った部分を落とすのも良いでしょう。

もうすでに焚火、または炭火が起きているならば焚火台に薪を立てかけておき、熱で乾かす方法もあります。

3つの方法を組み合わせるのが1番だよ。

2種類の薪を使い分ける

樹木は大きく分けて針葉樹と広葉樹の2種類に分かれます。

つまり薪も2種類あるってこと。

それぞれの特徴
・針葉樹:火がつきやすいが燃え尽きやすい
・広葉樹:火がつきにくいが長く燃える

この2種類の特性を活かし、針葉樹で火力を上げた後に広葉樹に火をつけるのが焚き火を安定させるコツです。

針葉樹→広葉樹の順で薪をくべるのが良いんだね。

針葉樹の薪

No23 針葉樹の薪 携帯焚火台・コンパクト薪ストーブ用 薪の長さ約17cm 宅配80サイズ段ボール箱入り【産地】長野県 八ヶ岳通販

広葉樹の薪


No25 広葉樹の薪 携帯焚火台用 薪の長さ約17cm 宅配80サイズ段ボール箱入り【産地】長野県 八ヶ岳通販

薪の種類の見分け方

2種類の薪を使うのが良いことはわかりましたね。

ですが、仮に薪を現地調達する場合に肝心の薪の種類がわからないかもしれません。

そこで薪の見分け方も解説します。

針葉樹の見分け方

針葉樹は杉や松が代表的な木です。

・葉はとんがっていて、触るとチクリとする
・木の枝は上に伸びている(クリスマスツリーのようなイメージ)
・樹皮は柔らかく、簡単に剥がれる
・年輪がくっきりしている

このような特徴の木があれば針葉樹です。

針葉樹の薪を集めたいときはこんな木の周辺の枝を拾いましょう。

広葉樹の見分け方

広葉樹は樫(カシ)や楢(ナラ)が代表的な木です。

・葉は丸っぽい形
・木の枝は横に広がっている
・樹皮は分厚く、簡単には剥がれない
・年輪はうっすらしている

このような特徴の木があれば広葉樹です。

広葉樹の薪を集めたいときはこんな木の周辺の枝を拾いましょう。

焚き火の準備と火の付け方

用意するものと薪の種類がわかったところで次に焚き火の準備と火の付け方です。

まずは薪を組んでいきます。

組む順番
1.中心に着火剤
2.その周りに火種となるもの
3.2割り箸くらいに割った薪
4.中くらいの薪
5.太い薪

火は下から上に上がることを頭に入れて、火種から燃え移るように薪を組んでいきましょう。

この時、あまり密集させてしまうと空気の通り道が無くなり燃焼効率が悪くなってしまいます。

薪を組む時は空気の通り道を確保することを意識しましょう。

薪の組み方は色々ありますが、空気の通り道の確保と火がしっかり燃え移る配置を意識すればランダムに薪を組んでも問題なく火は付きます。

自分が使っている焚火台は空気が上手く循環してくれる構造なので薪が良く燃えてくれました。
しかも3000円と激安です。

次に点火です。

火種となるものに何点か点火します。

あとは薪に燃え移るのを待つだけ。

そう、我慢して待つのが大事なんです。

下手にいじると逆に消えてしまいます。

触りたくなる気持ちはわかるけど我慢我慢!
火が弱まってきたようであれば火吹き棒などで空気を送り込んであげましょう。

焚火のコツまとめ

初心者でも焚き火を楽しむための簡単な火の付け方を紹介しました。

焚火成功のポイント
・2種類の薪を使い分ける
・火が燃え移るように組む
・空気の通り道を確保する
・薪に燃え移るまで下手にいじらないで我慢

以上のことを頭に入れ、キャンプの醍醐味である焚き火を愉しみましょう!

この記事が面白いと思って頂けたら、普段は”ぱらふぁむキャンプ”というblogで執筆をしているので宜しかったら遊びに来て下さい。ありがとうございました。

https://parafam186.com

報告する

関連記事一覧