ソロキャン焼き肉ならグリルは必須!料理が100倍美味しくなるおすすめグリルをご紹介!

ソロキャン焼き肉ならグリルは必須!料理が100倍美味しくなるおすすめグリルをご紹介!

ユニ鉄


ユニフレーム UNIFLAME ユニ鉄

ユニフレームの焚き火台のために作られたグリルプレートで、ステーキをリッチに仕上げる波型と、焼き肉をガンガン楽しめるガチ鉄板の平らな面がハイブリットした個性的なデザインが特徴です。


uniflame.co.jp
食材や油がこぼれないようにフチ付きで、持ち手はコーナーに刺さるようについているため、食材もスペースも無駄がありません。

およそ200×200㎜の鋳鉄の板は重量1.45㎏をたたき出していますが、野菜もステーキも普通の焼き肉も同時に調理できるプレートなので、ガッツリ食べたい人には最もおすすめです。

WOOPs Iron


WOOPS IRON SOLO

北海道の職人が一枚一枚を丁寧に仕上げたヨコザワテッパンを超える6㎜の極厚鉄板がお肉をふんわりジューシーに焼き上げるWOOPs Ironをご紹介します。

おそらく最後に紹介するこのグリルプレートが最強です。

オールスチール製で軽量性とメンテナンス性を実現。6㎜の厚さがあるにもかかわらず、一般的なソロキャン向けのグリルプレートと同じくらいの重量に収まっています。


ssp-os.co.jp
また、高温に強く、蓄熱性が高く、熱伝伝導率が低いという、肉を焼くのに大切なポイントを完璧に抑えたアイテムでもあります。

食材には均一に熱が伝わり、絶妙な焼き加減で仕上がり、使うごとに表面には油を含む被膜が形成され、高温調理で焦げ付きにくく、汚れはヘラでガシガシこそげ取るだけという使い勝手まで向上していきます。

取っ手にヘラ付きで、食材がこぼれにくいハネ付き形状で調理もしやすくなっています。


kj.com
いかがでしたか?

WOOPs Ironは個人的に一押しです。

何よりデザインに高級感がありつつ、アウトドアの無骨な雰囲気が漂っている感じがたまりません。

湖畔でワイン片手にソロステーキ。  絶対やりたいそれ。

この記事が面白いと思って頂けたら、普段は”アウトドア skills”というblogで執筆をしているので宜しかったら遊びに来て下さい。ありがとうございました。

報告する

関連記事一覧