あの『富士山が見える』で有名な田貫湖キャンプ場のキャンプ事情とは?!

先日田貫湖キャンプ場に行ってきたので、体験レビューを読者の皆様に共有させて頂きます!

 

田貫湖キャンプ場は、静岡県富士宮市の雄大な富士山の麓、朝霧高原の一角にある田貫湖のほとりの公営キャンプ場です。春は湖畔沿いに約350本のソメイヨシノや山桜が咲き揃い、初夏には南側テントサイト周辺で蛍が見られます。

湖ではへら鮒つりやブラックバス釣り、ボート遊びなどが出来ます。又湖畔沿いには遊歩道が整備され散策やレンタサイクルがご利用できます。

秋が深まる頃には標高650mの田貫湖では、空気が澄み星の観察をされる方も沢山お見えになります。豊かな自然に抱かれ、心癒される緑の空間、自然満載の田貫湖に是非お越し下さい。
参照:田貫湖キャンプ場サイトより

 

田貫湖キャンプ場は、都内から中央高速自動車道 河口湖インターを降りて40分ほどで到着します。

キャンプ場の手前には大きなスーパーが朝から営業しており、買い出しなどはそちらで行うことができます。日頃からキャンプのお客様が多い様子で、キャンプっぽい食材の他に箱売りのアルコール・板氷・カセットガス(CB缶のみOD缶は売ってません)などが売っています。

キャンプ場までの道のりは、車もすれ違えないような狭い道などは無く、運転もストレス無く到着することが出来て到着前から良い印象でした!

まずは受付兼売店でチェックインをします。このキャンプ場は予約無しで当日のみの受付になるので早めにチェックインすることをオススメします!

売店は非常に充実していて、氷や板氷・調味料・つまみ・遊具(スタンダードなものからハンドスピナーまでありました。笑)・炭・薪・CB/OD缶・電池・カップラーメン・地元の野菜・アルコールなども販売されています。ここまで揃ってるなら連泊する際も安心ですね!
食堂も併設されており(ランチのみ)手打ち蕎麦も食べることができます。今回は野菜天ぷらを食べましたが、とっても美味しかったですよ♪

チェックインを済ませたら、オートキャンプではないので荷物運びをしなければなりません。

受付のすぐ横にリアカーがあるので、駐車場からテントサイトまで荷運びをします。駐車場からテントサイトは非常に近いので、全く苦にはならないと思います。


参照:田貫湖キャンプ場サイトより

4人分の荷物と大きなサイズのテントなので結構荷物満載になってます(笑)
重そうに見えますが、リアカーで引っ張っているので見た目ほど重くはありませんでした。ほかの女性のみのグループも楽々と荷物を運んでいましたよ♪

比較的早い時間に到着したので、湖と富士山(かすんで見えてないですが・・・)が目の前の良い場所に設営をすることが出来ました♫

湖畔で釣りをしている人やウッドデッキで遊んでいる子供たち、レンタルサイクルでサイクリングをしている人々など、のんびり自由にアクティビティーをしている雰囲気です。またキャンプ場の近くに体験教室を行なっている施設や、レンタルボートや徒歩圏に温泉や登山道などもあるのでアクティビティーに困ることは無いかと思います♪
わたしたちは薪割りをキャンプデビューの友人に教えたり、のんびりBBQをしながら過ごしていました♫

気になる水周りですが、非常に整備されており複数箇所のトイレと炊事場とコインシャワーが1箇所あるのでそちらも安心でした。

早朝には富士山の方角から昇る朝日を見ることが出来ます!すごく気持ちの良い朝を迎えることができますよ♪


ダイヤモンド富士


参照:田貫湖キャンプ場サイトより
見ごろ:4月20日・8月20日の前後1週間
時間帯:午前6時前後

田貫湖のダイヤモンド富士は、富士山頂から昇る朝日が光輝く様子が湖面にも映し出されることから、ダブルダイヤモンド富士とも言われています。

ここは注意!

水の近くのキャンプ場なので、ブヨが朝夕に沢山でます。暑いですが肌はなるべく露出をしないほうが良いです。虫除けスプレーを使っていたのですが、わたしたちはハーフパンツが多かったので沢山噛まれてしまいました。。。(※蚊取り線香は全く効き目がありません!)
そのため暑いですが長ズボン着用をオススメします!服の色も黒や紺などの暗い色を着ていると寄ってくるので、明るい色の服を着るのがオススメです!

まとめ

総合的にとても良いキャンプ場でした!アクセス・近隣にスーパーや温泉・ロケーション・売店・水周りどれも素晴らしかったです。
次回はブヨ対策をして完璧な状態でキャンプに臨みたいと思います☆

 

料金・施設概要 田貫湖キャンプ場

住所:静岡県富士宮市猪之頭2929-10

●アクセス●

新東名高速道路 新富士IC下車 約40分

●宿泊施設●
テントサイト・・・2,500円(1張1泊)
タープ使用・・・1,000円
●その他●
デイキャンプ・・・3,000円(4名・ゴミ処理代含)
施設使用料・・・1人200円
シャワー・・・200円
ボート・・・1,000円
魚釣り・・・700円 子ども100円

場内共有設備 管理棟、テントサイト(約250張)、バンガロー、売店、自動販売機、炊事場、レストラン、温水シャワーなど
レンタル レンタルあり
寝具、自転車、ボート、バーベキュー用品、調理用品など貸し出しあり(要問い合わせ)

 

報告する

関連記事一覧