テントもクリーニングできるって知ってた?

テントもクリーニングできるって知ってた?

せっかくのキャンプが雨で撤収。どうやって乾かすの?
悩んでいる人
こんな疑問を解決しよう!

濡れたテントやタープはどうする?

濡れたテントやタープなどのキャンプギアをそのままにしておくと大変無ことに。

カビや異臭の原因になり、耐水性の低下など機能面にも悪影響を与える。

ひとたびカビがついたらみるみる生地に広がっていきテントが使い物にならなくなってしまう。

でも自宅に持ち帰ってちゃんと乾かすといっても大変。

かなりのスペースをとるから干せるところがないし、乾かすために広げる場所も時間もない。

どうすればいいの?

そんな時はテントのクリーニングにまかせよう!

テントのクリーニングとは?

テントのクリーニングなんてあるの?
たしかに自分ではできないからたのめるならお願いしたいけど…

テントの汚れや乾燥はプロにまかせよう!
実はテントのクリーニングサービスがあるのだ。

そらのしたクリーニングサービス

テントのクリーニングを知らなかった。
雨の撤収後テントの乾燥に困っている。
テントの耐水性がおちてきて水を弾かない。
雨が浸水する箇所がある。
テントのメンテナンスをしたことがない
シーズンオフの前にメンテナンスをしたい

当てはまる方にはぜひ試してほしい!

汚れ


出典:そらのした

テントの材質や大きさを判断し手洗いか機械洗いで洗濯してくれる。

機械洗いではテントを丸ごと洗える大型洗濯機で業務用ならではの洗浄力で汚れをしっかりおとしていく。

手洗いでは繊細な部分をていねいに洗浄し汚れをしっかりおとしていくのだ。

除菌


出典:そらのした

業務用の除菌抗菌洗剤を使用してしっかり除菌してくれる。

さらにカビ菌にも効果のあるオゾン水で嫌な匂いのもとを徹底除去するのだ。

これは家庭ではマネできないクリーニングならではのサービス!

撥水加工


出典:そらのした

サービスのランクによって撥水加工してくれるところもある。

汚れや劣化でおちた耐水性を新品時のように性能を回復させてくれる。

撥水性がおちて雨を弾かなくなったテントはだんだん水が染み込んでいくようになり生地の繋ぎめから雨漏りなんてことも。。

あなたのテントもだんだん水を弾かなくなっていませんか?

完全乾燥


出典:そらのした

汚れをおとして何より一番大事なのはテントをしっかり乾燥させること。

乾きが不十分だと耐久性がおちたりカビの原因になるもの。

家のベランダで無理して干してもちゃんと乾ききってないなんとこともありがち。

その点、乾燥設備が整ったクリーニングサービスは安心。

完全に乾かすことで除菌効果も期待が持てる!

アイロンがけ


出典:そらのした

プロの真骨頂。アイロンがけ!

これは家庭ではできない。

しっかり折り畳んでもシワがついたら取れないけど、アイロンがけしてもらえばすっきり。

テントを畳んだ時の大きさも見違えるほどコンパクトになる。

さらに傷んだ箇所の補修などもオプションでつけられメンテナンスもおまかせできる。

アイロンで圧力をかけプレスすることで撥水剤もなじんで定着するのだ。

何よりシワがよってないテントなんて新品の時以来。

それだけでうれしいですよね!

テントをクリーニングに出して次のキャンプにそなえよう!

難点は少し値段がはること。

形状や大きさにもよるが標準的なファミリーテントで7,500円前後。

ただサービスに応じて変動があり乾燥・拭き掃除だけならさらに安価で済ませられる。

詳しくはこちら

家庭では真似できないし、テントを長く使うことができると考えればコスパは決して悪くないはず。

定期的なメンテナンスは長持ちの秘訣なのだ!

せっかく気に入って手にしたキャンプギアは愛着を持って使い込みたいもの。

突然の雨撤収の時や、シーズンオフに入る前のメンテナンス・補修など。

あらゆる場面で活躍してくれるクリーニングサービスを利用してキャンプライフを楽しもう!

この記事が面白いと思って頂けたら、普段は”ムテキスターブログ”というblogで執筆をしているので宜しかったら遊びに来て下さい。ありがとうございました。

https://mutekistar.com

報告する

関連記事一覧