【焚き火台】ピコグリルが最高にして最強!【理由は1つ】

【焚き火台】ピコグリルが最高にして最強!【理由は1つ】

こんにちは、キャンプ大好き!さんたくんです。

今日は、キャンプで使用する焚き火台のお話です。

結論から言えば「ピコグリル398」 が最強です。
理由は、薪がすっぽり入るから!

良かったらぜひ御覧ください。

本記事の内容

【焚き火台】ピコグリル398とは
【ピコグリル】を購入した理由
【ピコグリル】実際に使用してみた感想
【ピコグリル】のメリット・デメリット
【ピコグリル】の価格は妥当か?
【ピコグリル】はこんな人にオススメ
まとめ

【焚き火台】ピコグリル398とは

ピコグリル398とは

ピコグリル398とは、スイスSTC社が製作している軽量でありコンパクトな焚き火台です。

▼商品の詳細

収納時: 33.5cm×23.5cm×1cm
組立時 :38.5cm×26cm×24.5cm
本体重量:約450g

キャンプの醍醐味は焚き火です!

焚き火台は世の中にはたくさんあります。
そう、まさにそこは沼への入り口。
その沼に入って遊ぶのも楽しいです。
「いやいや入りたくないよー」って人にはこれしかありません。
「ピコグリル398」

かなり軽くて想像以上にコンパクトです。

【ピコグリル】を購入した理由

この「ピコグリル398」はあの人気YouTuberヒロシさんが使用して一躍名になりました。
自分もキャンプを始める前は色々探しましたが結局、何が良いのか分からず。。。
ならキャンプ好きの人気YouTuberが使用しているのなら間違いないだろうと思ってポチりました。

【ピコグリル】実際に使用してみた感想

商品が到着してまず感じたことは「小さくて」「軽い」でした。
こんなのが焚き火台になるの?って思えるほどです。

封を開封して組み立ててみましたが、なんか弱々しいと言うか、頼りないと言うかそんな印象を受けました。

でも実際に使用してみたら快適でした。

このピコグリルの一番の特徴は「薪がそのまま入る」こと

これは焚き火をするうえでかなり重要です。

薪をバトニングなどして細かくすれば良いと思うかもしれませんが、そもそもバトニングは薪を細く割って着火をしやすくすることです。
着火したらもうバトニングは不要です。

着火した後に、薪が入らないから薪を割る行為は「なんだかなぁ」と思います。

連れの焚き火台に薪が入らず苦戦

火が弱くなったから薪を足そうとしても、そのまま薪が入らず必死に薪割りをしてました。
ついには半ギレで、「料理が出来ねぇよー」って言いながら、その場でピコグリルをポチってました笑

自分=料理しない→焚き火は眺めるため→半パネェ速さで着火
連れ=料理大好き→焚き火は料理のため→自分のアタマに着火

何だか申し訳なくなりました。

薪を乾燥させる事が出来る

ピコグリルの下に薪を置けば、湿った薪などを乾燥させておけます。
この場所でピザを焼いている人もいました。

今では連れと仲良くピコグリルを使用しています笑

【ピコグリル】のメリット・デメリット

メリット

薪がそのまま入る
軽い
コンパクト
なんと言っても薪がそのまま入るのが便利です。
燃焼も良く火力もかなりあります。

コンパクトで軽いので持ち運びも苦になりません。

デメリット

高い
灰が地面に落ちやすい
値段だけ見れば高いです。

灰も下から多少落ちますので下にシートなどを引いた方が良いです。


ロゴス(LOGOS) たき火台シート 81064021

【ピコグリル】の価格は妥当か?

結果的に妥当でありむしろ安い!

価格そのものを見れば高いかなぁっと思います。
しかし、沼に入ること無くこれ一択と考えればむしろ安いです。

今はピコグリル風の安いのも出ています。
何が違うのかわかりません汗
自分が買った時はそんなのがなかったので本家で買いましたが高かったです。

次買う時はピコグリル風を考えています。

【ピコグリル】はこんな人にオススメ

・早く着火したい
・薪をそのまま入れたい
・面倒くさがりな人

ピコグリル398はキャンプ初心者から上級者まで使いこなせる素晴らしい商品です。

まとめ

ピコグリル398はかなり良い商品です!

何度も言いますが、薪がそのまま入るのはストレスフリーです。
この感動を味わってみて下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました。


ピコグリル 398 Picogrill 超軽量焚き火台

この記事が面白いと思って頂けたら、普段は”ギアちょうだい”というblogで執筆をしているので宜しかったら遊びに来て下さい。ありがとうございました。
https://camera-sanpo.com

報告する

関連記事一覧