コスパ抜群のコンパクトダッチオーブン!『ニトダッチ&メスティン』

コスパ抜群のコンパクトダッチオーブン!『ニトダッチ&メスティン』

New ギアを買いました。

◇ニトリのダッチオーブン 通称ニトダッチ!

ニトダッチ最強です。あのダッチオーブンが1500円でお釣りがくるという嬉しすぎる価格で手に入ります。

既にキャンパー御用達アイテムで、アウトドアでも出回ってますね。

サイズが19cm 24cmとありますが、アウトドアメインになるので食べきりサイズの19cmにしました。また今後のソロキャンも考えるとこのサイズがベターかなと。

あと19cmの方が圧倒的に取り回しが効くのでオススメです!

たとえば調理中に食材やフタの上の炭などがある状態は重くなりますが、まだ持てる範囲なので移動させたりも容易です。

IHも使えるので自宅も兼用可なのも最強。

◇トランギアのメスティン!

キャンパー1組につき1メスティンと言われるほどの絶対必須のアイテムです。

トランギア社の人気商品 メスティンです。

これもレギュラーとラージサイズありますが、これに関しては大は小を兼ねるということでラージサイズにしました。

基本は黒ハンドルですが、限定品の赤ハンドルをイキって購入しました。この赤ハンドルが限定品でかなり可愛いです。

どんな小物でもキャンプギア。愛せるアイテムがほしいですよね。

メスティンもダッチオーブンと同じでオールマイティ。パスタ、味噌汁、鍋、炊飯とポテンシャルは未知数です。


トランギア(trangia) メスティン(TR-210) [並行輸入品]

でここからはいわゆる儀式といわれるやつです。トライされる方はダルさを嬉しさに脳内変換して作業するのをオススメします。

メスティン編

まずはバリ取りですね。手を切らないように。人それぞれですが個人的には800番の耐水ペーパーをオススメします。

フチのバリを平滑にしていきます。

シーズニングです。

本来はメスティンに米の研ぎ汁を入れて茹でるのですが、外側もシーズニングしたいので、鍋に投入して煮込むのがオススメ。

ニトダッチ編

まずは水を沸騰させて、鯖止めの為に塗られている保護油を浮かせましょう。

中性洗剤でさらに剥がす。

空焚き。わかりにくいですが煙がモクモクでてきます。

油をフタと本体内外に塗り込みます。

サラダ油でも良いですが、臭いが良くないのでオリーブオイルがオススメです。

野菜クズを炒めます。なんでもいいですが、ネギと生姜が良いそうです。この作業でダッチオーブンの手続き臭さが取れます。

※ニトダッチは鋳鉄製の為、最初はかなり鉄臭いです

もう一度洗って、最後にオリーブオイルをまんべんなく塗ってシーズニング完了です。

これで使い始めの儀式が完了しました。まぁかなり面倒であることは間違いないのですが、調理器具とはいえ、立派なキャンプギアですのでメンテも含めて楽しむ事が一番です。

ニトダッチ&メスティン

大事に使えそうです。嬉しいです!

この記事が面白いと思って頂けたら、普段は”OSRキャンプのブログ”というblogで執筆をしているので宜しかったら遊びに来て下さい。ありがとうございました。

https://www.osrcamp.com/archive

報告する

関連記事一覧