外に出られるようになったら新しいキャンプスタイルにチャレンジしてみよう!初めてのULキャンプギアをAmazonで物色!

こんにちは!
皆さんキャンプしていますか?

なかなか外に出れない日が続きますね。キャンプ場の予約などをしてグループキャンプを検討していた方もいたかと思います。早くおさまるといいですね。

とはいえ今なにができるかというとできるだけ外出を控えて拡散を防ぐくらいしかないので外に出られるようになったらもっとシンプルな、自然により近いスタイルでのキャンプにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

もともとは長距離ハイカーが長距離歩を歩きながらキャンプをする際にできるだけ荷物が軽い方が移動距離を稼ぎ、かつ体が楽等のが始まりでしたが、最近はソロキャンプも人気になり、その中でブッシュクラフトやULキャンプというスタイルもよくみるようになってきました。

UL(ウルトラライト)キャンプは荷物を軽量化すると共に、無駄なもの、過剰なものをそぎ落としてより自然に近い形でキャンプを楽しむことが醍醐味かと思います。その他、軽量化の為の尖ったギアなども面白いですが。

そんなULキャンプ、どんなものを用意すればいいの?ということで今回は金額も手頃に抑えつつ、UL向けなギアをAmazonで物色してピックアップしてみました!良かったら新しいキャンプスタイルにチャレンジする際の参考にして下さいね!

まずは住から!

https://amzn.to/3e68iSg
ぜひチャレンジしてみてもらいたいのはハンモック泊です。ポール等もなく木に吊るすだけなので一般的なテントと比べて軽量化ができます。amazonでもかなり安くかや付きのハンモックが買えるようになりましたね。これならこれから増える虫とかからもちゃんと守ってくれるのでただのハンモックより安心感はだいぶ上がります。さらにはハンモックは椅子がわりにもなりますので1つで2つの使い方ができる。ULの思想にマッチしたギアだと思います。

ランタン!

https://amzn.to/2yEHiJe
僕は山でキャンプをする際はヘッドライトをランタンがわりにしてランタンそのものは持っていかないのですが、そこまでストイックなのもと思いセレクト。日中太陽の光で蓄電をしてくれて、夜はその充電で発光してくれます。本体はシートの中なので雨もOKなので日中気軽に外にぶら下げることができます。山でも時々見かけます。

机!

https://amzn.to/3aSBF8t
プラスチックダンボールを使用した机。めちゃ軽い。風で飛ばされる危険があるので何か上にのせておきましょう。凸凹した地面だと火器を置くのが危険ですが、プラダンなのでこれ自体が溶けないようにも注意が必要です。

火器!

https://amzn.to/2JQvWnW
OB缶もCB缶もいけてコンパクトな便利ストーブ。金額的にもお手頃で非常に良いのではないでしょうか?グループキャンプの時でもどちらの燃料でも動くのでサブ使いも出来て非常に便利ないギア

火器その2!

https://amzn.to/3bTQaZY
キャンプといえば焚き火でしょ!派はウッドストーブをお勧めします。軽くてコンパクト、火力は抜群。問題点としてはよく燃えすぎるので枝は多めに用意することが必要。

調理器具!

https://amzn.to/39TIEwK
なんやかんや1つだけに絞るのでしたらメスティンは使いやすいと思います。特に改めて説明も要らず。

カトラリー!

https://amzn.to/3aWRFqi
ぜひここは先割れスプーンで。これさえあればなんでも食えるぜ!と豪語するUL系の方も多い。カップヌードルとかもなんとか食べられるので意外と不便さを楽しみながら食事ができます。

ザック!

https://amzn.to/2XlNi4a
せっかくのULキャンプなので全部道具はこのザックの中!それで徒歩や自転車などでゆったりキャンプをしたいですね。今年は機会があったら渓流釣り(経験ほとんどないけども)をしながらキャンプをしてみたいです。どなたかテンカラ釣りをされている方一緒に行きませんか?35Lもありながら折りたたみ可能で軽量です。お値段も軽い。入るからってあまり荷物を多くすると肩に食い込むので注意。

寝具!

https://amzn.to/3bZBvMO
軽いダウンの寝袋もいいのですがもう少し暖かくなって気分的にも攻めたいという方はヴィヴィで寝るのも一興。野宿している感を味わえます。

寝具その2!

https://amzn.to/39PYHLX
流石にヴィヴィはきついという方はこちらのダウン寝袋を軽くて3シーズン使えそう、金額もまぁまぁなので良いのではないでしょうか?

マット!

https://amzn.to/2Xji1P7
かなり軽量なマット、その中では比較的リーズナブル。僕も愛用しています。吸い付きがよく滑りにくいです。良くも悪くも。

以上、ざっくりとこれから徒歩や自転車キャンプをするという方向けにギアを選んでみました!より自然に近い形でキャンプを楽しむのもオツですよ!

何か皆さんのキャンプライフのお手伝いになれば幸いです!
それではまた!

報告する

関連記事一覧