日本最大のカルデラ湖でアウトドアを楽しむ「和琴湖畔湖畔キャンプ場」

日本最大のカルデラ湖でアウトドアを楽しむ「和琴湖畔湖畔キャンプ場」

冬場には全面が凍結する、日本最大のカルデラ湖として知られる「屈斜路湖」。北海道でも指折りの観光名所で、阿寒国立公園として指定されております。

特に屈斜路湖のカルデラ外輪を駆け上がる、標高約500mを駆け上がる「美幌峠」は年間70万人近くの観光客で賑わう人気の観光名所です。

そんな屈斜路湖の大自然の中で、開放的なキャンプを楽しめるのが「和琴湖畔キャンプ場」。カヌーレンタル場や温泉とレジャー施設も完備された、自然豊かなアウトドアスポットです。

そんな「和琴湖畔キャンプ場」を利用した感想をまとめて行きますので、北海道でのアウトドアを検討している方は是非参考にしてみてくださいね。

キャンプ場の設備について

「和琴湖畔キャンプ場」の利用料は大人1人450円(2020年1月現在)。予約不要で利用可能で受付時間は19:00迄、過ぎた場合は翌日の朝に支払いも可能です。

敷地内ではレンタルカヌーが利用可能で、屈斜路湖の穏やかな水上散歩を楽しむ事ができます。

管理棟にはコインラインドリーが設置されているので、北海道での長旅に嬉しい洗濯物のリフレッシュも可能。ビンやペットボトルなど、キャンプ場では処分してもらえないケースの多い資源ゴミも分別して処分可能なゴミステーションが設置されています。

徒歩圏内に小さな温泉旅館と、無料の日帰り湯「和琴温泉」や公衆浴場といった豊富な温泉が利用可能です。ただし温泉旅館以外は夜中には、真っ暗で危険なので明るいうちに入浴を済ませたいところ。

「和琴温泉」は湖の水質を悪化させるため、シャンプーや石鹸の利用は禁止されております。また各無料温泉の数々は簡易な脱衣所が一つあるのみで、仕切り等も無く開放的な設備となっているので事前に水着などに着替えて利用することをおすすめ致します。

国立公園内で楽しむ夕陽

阿寒国立公園である敷地内でのローケーションの素晴らしさも、和琴湖畔キャンプ場の最大の魅力です。国立公園内で楽しむ夕陽屈斜路湖の外輪の山々が、湖に反射しながら沈んでいく夕陽は格別。

夜には満点の星空、朝には濃霧に包まれる幻想的な自然現象を直接感じる事ができます。日本最大のカルデラ湖でキャンプを楽しめる和琴湖畔キャンプ場。

是非北海道でのキャンプ泊の候補に検討してみては如何でしょうか。

https://www.nap-camp.com/hokkaido/13250

〒088-3200 北海道川上郡弟子屈町和琴半島

報告する

関連記事一覧