【人気商品】キャンプの「鉄板」おすすめ3選【無骨】

【人気商品】キャンプの「鉄板」おすすめ3選【無骨】

こんにちは、キャンプ大好き!さんたくんです。

今日は鉄板のお話です。

「キャンプで使用する鉄板、何か良いのないかなぁ!?」
そんな人にオススメな記事です。

ぜひ、購入の参考にしてみてください。

これから紹介する商品は、人気YouTuberが使用している商品です。
高レビューな商品ばかりです。
これのどれかを買えば間違いないです。
それではご覧ください

キャンプでおすすめな鉄板の商品紹介【レビュー】

アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron SOLO UL


アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron SOLO UL 【3.2mm厚の軽量鉄板】

こちらの商品は有名ですね。
あの人気YouTuberヒロシさんが使用している商品です。

厚みは3.2mm で重量は600gなので、持ち運びが楽

鉄板は鉄ですので「大きさ」や「厚み」が大きくなれば、重量もかなり増えます。
この野外鉄板は丁度よい大きさ、重量で持ち運びが苦になりません。

ちなみに、外形寸法:145mm×150mmです。

ガスストーブ、ウッドストーブにも最適な大きさ!

焚き火台での使用はもちろんなこと、下記のような商品にも適した大きさで、使い勝手が良いです。


ガスストーブ
高出力。ドロップダウンによる火力低下がないため、連続した調理に適している


ウッドストーブ
フィールドに落ちている枯れ枝や落ち葉などを燃料として使う。

大きさはソロ鉄板としては十分な大きさです。
2〜3人でも十分使用可能です。

取っ手が付いているし、取り外せる

野外鉄板は取っ手が付いているので、焼いている時でも自由に移動が出来ます。また、取っ手は取り外せますので収納する時もコンパクトになります。

サイドが跳ね上がっているので食材が落ちにくい

野外鉄板は跳ね上がっている部分があるので、ウィンナーなどの丸い食材も転げ落ちにくい構造になっています。

3.2mmだと厚みが微妙

鉄板は厚いほど美味しく焼けると言われています。
その理由は、厚板ほど蓄熱量が高く、旨みを閉じ込めたまま一気に焼き上げることが出来るからです。
また、熱が均一に伝わるため焼きムラも少なくなります。
しかし、厚みが増すにつれて、重量が増えます。当たり前ですが。

ただ、野外鉄板の3.2mm厚でも十分美味しく調理出来ます。これくらいの厚さだと重量とのバランスも良いです。

ただ、せっかくならプロが使用するような、極厚の鉄板で調理したい人もいるかもしれません。

野外鉄板シリーズには3.2mm厚のほか、6mm厚の鉄板もあります。

6mm厚になると重量も1.1kgほどになるので、持ち運びには少し重くなってしまいます。大きさは変わりません。

どちらの厚さを使用しても、美味しく調理出来ますし、使い勝手がとても良いです。

焚き火台の上に置いてあるだけでワクワクする商品です。

ジェットスロウ 冒険用品 ヨコザワテッパン(横沢鉄板) A5サイズ


ジェットスロウ 冒険用品 ヨコザワテッパン(横沢鉄板) A5サイズ

野外鉄板と良く比較されるのがこの「ヨコザワテッパン」です。

これは人気YouTuberのバイきんぐ西村さんが使用しています。

とにかくシンプル

この鉄板はシンプルです。
本当にただの板です、鉄板です。

だけど、この無骨さが「ヨコザワテッパン」の魅力です。

もちろん、性能も抜群で美味しく調理出来ます。

大きさは148mm×210mmです。

普段われわれが使用しているコピー用紙A4サイズの半分です。

ソロキャンプとしては十分な大きさですし、2〜3人使用でも十分対応可能です。

厚みが5mm

ヨコザワテッパンの厚みは5mmあります。

ですので、蓄熱量も高く、旨みを閉じ込めたまま一気に焼き上げることができます。

厚みもあり、鉄板が反り上がっていないので、熱も均一に伝わり焼きムラなどが抑えられます。

厚みがある分、重量は1kgほどあります。

うまく設置しないと食材が転げ落ちる

ヨコザワテッパンの魅力はなんと言っても、無骨で平らな鉄板と言う事です。

平なので、水平に設置しなければ丸い食材などは転げ落ちてしまいます。

しかし、鉄板で焼くと言えば「肉」がほとんどだと思います。

つまり、キャンプ場でこの鉄板を使用する場合の食材は「分厚い肉」がメインになるかと思いますので、食材が転がって落ちてしまう心配は不要な気もします。

ただ、キチンと水平に設置できれば野菜なども問題なく炒める事が出来ます。

ウィンナーなどの丸い食材も問題ありません。

肉汁が逃げる!?

水平に設置しなければ、肉を焼いたときの油は垂れ流しになってしまいます。

しかしそれは、余分な油を摂取したくな時には好都合になります。

ただ、実際に使用してみたところ、キチンと水平に設置してあれば、それほど油が落ちる事はないです。

手入れが楽

ヨコザワテッパンは平らな板なので、片付ける時は付属のヘラでガシガシ削るだけで済みます。

まったくの平なので、収納も簡単で、持ち運びも楽です。多少重いですが、コンパクトなので、あまり重さは気にならないかも知れません。

取っ手はありませんが、使用している時は、付属の「アルミ製やっとこ」で移動が出来ます。

ただこの「やっとこ」正直使い勝手が良く無いです。
鉄板を挟んでいると、「やっとこ」自体がかなり熱くなるので手袋は必ずした方が良いです。

無骨キャンパーにオススメ

シンプルな鉄板ですので、無骨なギアを求めている人には最適です。

収納袋に取扱説明書が印字してあるのもなんか良いですね。

直火の上にそっと「ヨコザワテッパン」を置いておくだけで絵になります。

置いてあるだけで何か「焼きたくなる」そんな魅力を持った不思議な鉄板です。

/moose/アウトドア鉄板 Frying iron(フライアン)


/moose/アウトドア鉄板 Frying iron(フライアン)鉄フライパン + 鉄板 Half&Halfのアウトドアクッカー 角型 ソロ

こちらも人気YouTuberヒロシさんが使用している商品です。

今まで紹介してきた商品と違うのは、四隅が跳ね上げっており、取っ手が付いていることです。

鉄板とフライパンが合体した商品

簡単に言うと、鉄板とフライパンが合体した商品です。

見ての通り、こちらの商品は鉄板としての機能とフライパンとしての機能を持った優れた商品です。

外形は約160mm×160mm(調理面約120mm×120mm)で重量は約700gです。

これなら食材や肉汁が落ちる心配がありません。

そして野菜なども簡単に炒める事が出来ます。

フライパンとしての「取っ手」の長さを自由に出来る

この商品は取っ手の長さを自由にできます。

取っ手のところには、木の棒などを入れられるので、取っ手を長くすることが出来ます。

これは、使い方によっては便利です。

例えば、キャンプファイヤーなど炎が強い所には、取っ手を長くして調理ができます。

収納も問題なし

この商品は取っ手が付いているので、バッグなどに収納するのにかさばるように思えますがそうでもありません。

なぜなら商品自体がコンパクトですし、そもそも「取っ手」の様な部分は、案外収納するのに邪魔になりません。

こちらの商品は、食材が転げ落ちることや、肉汁が垂れ流しになる心配がありませんので、誰でも簡単に扱える鉄板だと思います。

シーズニング

鉄板を買ったときは「シーズニング」は必須です。

シーズニングとは簡単に言うと、製造時に塗られている錆止めの油を落として、新たな食材油で馴染ませることです。

やり方は色々あり、何が正解かは正直分かりません。
ただ、だいたい説明しているのは下記の手順です。

シーズニングの手順

1.鉄板を火に掛けて空焚きする
(煙が出ても鉄板の色が青っぽく変色するまで万遍なく)

2.冷まして洗剤で洗う
(洗剤を使う時はこの時だけ。以後は洗剤は使わない)

3.水分を拭き取って火に掛け、食材油を多めに引いて空焚きする。
(油が無くなるまで空焚きします)

4.また、水分を拭き取って火に掛け、食材油を多めに引いて空焚きする。
この時はいらないクズ野菜を炒めます。野菜は香味野菜が良いとされていますが、キャベツ、ピーマン、ネギなど何でも良いです。
(これをすることで、金属臭が無くなるらしいです)

以上がオーソドックスなシーズニング方法かと思います。

参考までにどうぞ。ググれば色々出てきます。

感想

鉄板は色々ありますので、かなり悩むキャンプギアの一つだと思います。

ただ、キャンプ初心者で何が良いか分からない人は、取り敢えず上記3点のうちどれかを買っておけば間違いないと思います。

まずは一つ買って試してみないと、何が不便で何が欲しい機能かさえも分からないと思います。

鉄板は使い込むほどに油が馴染んで、良い感じになっていきます。
それがキャンプの楽しみの一つでもあるかと思います。

是非自分なりの鉄板を育ててください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

(こちらの記事は緊急事態宣言前に書かれた記事になります。)

この記事が面白いと思って頂けたら、普段は”ギアちょうだい”というblogで執筆をしているので宜しかったら遊びに来て下さい。ありがとうございました。
https://camera-sanpo.com

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。