モンベルの寝袋を買うなら今すぐ!モデルチェンジで値上げとパワーダウン!?

こんにちは!
皆さんキャンプしていますか?

今日は風が非常に強かったですね!春一番でしょうか?
暖かくなってくるのは非常に嬉しいのですが、強風ですとテントやタープが危険にさらされるので気をつけて行きたいですね!最悪破れたりポールが折れ曲がってしまいます。

モンベルさんから先日2020年春夏のカタログを届けて頂きました!モンベルクラブに加入していると(年会費1500円、ポイントが5%~10%着きます)毎回新しいシーズンになると届きます。
寝袋に新シリーズが展開されていますね。シームレスドライダウンハガーというものだそうで、ダウン製品によくあるキルティングによるバッフル(ダウンが偏らない様にそれぞれの個室を分けてダウンを均一に配置する仕組み)を無くしてシームレスにして、水濡れに強くなったり縫い目がなくなるため軽量化したモデルです。代わりにスパイダーバッフルシステム、として寝袋内に糸を通してダウンが偏らないようにしているそうです。デザインも特長的なのですぐに新製品と分かりますね!ダウンもfp900と非常に高品質なものを使用しています。

モンベルの寝袋がダウン減量+値上げ?

さてさて、本題なのですが、今までの寝袋シリーズ、ダウンハガー、アルパインダウンハガーなのですが、最近寝袋購入しようと思い調べていたので気付いたのですが、何だか全体的に値上がり+対応温度が一部商品低下しているのですよね。。
ダウンハガーの800#0ですと1280gから1090gになりコンフォートが−10℃だったものが−7℃リミットは−18℃から−14℃になっています。お値段は¥50,000-から¥54,000-(税込)に。。値上げは他の商品も全体的にされている様です。
その他キャンプでメインとなる3シーズン用の#3あたりのものでも若干だけ対応気温が低下しています。
ダウンハガーの800#3は600gから595gになり、コンフォート3℃から4℃にリミットも−2℃から−1℃になっていました。金額も¥27,500-から¥30,000-に。
元々モンベルは安くてちゃんと安定した製品を作っていてくれたのですがコスト増による苦渋の決断なのでしょうか。あと最近の寝袋はダウン封入量がちゃんと情報として記載されているのですがモンベルは記載がないんですよね。モンベルの寝袋をご検討の方は製品が入れ替わる前に購入するのがオススメです!もしかしたら旧製品として安く買えるかも。
先日紹介したAEGISMAXがかなり安くて高性能そうだったのでそっちを購入してみようかなとさらに心が傾きます。本当に最近の中華製品はレベルが上がってきていますね。

何か皆さんのキャンプライフのお手伝いになれば幸いです!
それではまた!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。