風でストーブが消えるトラブルは、PRIMUS(プリムス)2243バーナーで解決!

風でストーブが消えるトラブルは、PRIMUS(プリムス)2243バーナーで解決!

アウトドアでの料理に、手軽にお湯を沸かしたり加熱調理を行ったりするために必要なキャンプギア「ガスストーブ」。ですがガスストーブは風が強い日には点火がうまく行えなかったり、仮に着火したとしても強風で吹き消されてしまったりと天候に左右されやすいアイテムでもあります。

また天候だけであれば天気予報でマメな確認を行えますが、風の強弱はキャンプ場の地形によって影響を受けるため中々予想もし辛いもの。

そんな時に候補として参考にしたいのが、最大出力が強力なアウトドアストーブである「PRIMUS(プリムス)2243バーナー」。実際に利用した感想から結論を出すと、風除け台を準備する事もなく強風の中でもモリモリ使用できるタフさを誇るキャンプギアでした。

そんな「PRIMUS(プリムス)2243バーナー」の魅力を紹介してきます。アウトドアストーブの選択で悩んでいる方には是非参考として役立ててみて下さい。

PRIMUS(プリムス)2243バーナーの性能詳細

折りたたみ式が採用されているガスバーナーは、鍋が安定し辛く料理をダメにしてしまうトラブルも頻繁に発生します。その反面PRIMUS(プリムス)2243バーナーは実際に鍋が乗る部分である出力部分が大きめに作られているので、コッヘルをひっくり返し辛く安定した調理が行えます。

更に構造上、風への耐久度が高く火元の出力も高いことを売りにした商品です。数年間に渡り使用していましたが一度も強風で火が吹き消され調理ができない事態に遭遇することはありませんでした。

弱点としては安定感と風への耐久性を実現するために、X字に設計された「ゴトク」と呼ばれる羽が固定されている点です。そのため折りたたみ式のストーブのようにコンパクトにならないので、若干嵩張ってしまう弱点は考慮が必要となります。

実際に数年間利用してきた感想

高出力で風に強いというコンセプト通り、劣悪な環境で火が付かないという事態には幸いにも発生した経験はありません。また火力が強いので、お湯を沸かすスピードも他メーカーのガスストーブと比べても圧倒的な速さを誇ります。

ただし出力が高い分、ガスの消費が激しいので天候に応じてマメな火力調整を行い燃料の消費を抑える必要があります。また専用であるPRIMUS(プリムス)の燃料缶はAmazonで手軽に購入する事ができます。

そんな機能性十分なパワフルさを誇るガスバーナー「PRIMUS(プリムス)2243バーナー」。買い替えを検討している方や、バーナー選びの選択に悩んでいる方へ当記事が参考に役立てれば幸いです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。