最高のオーシャンビューの中でアウトドアを!山口県「千畳敷高原キャンプ場」

最高のオーシャンビューの中でアウトドアを!山口県「千畳敷高原キャンプ場」

山口県の向津具半島に位置する標高300m付近の高さにそびえる草原地帯「千畳敷」。北長門海浜国立公園にも指定され、晴れた日には日本海の大パノラマが広がる心地の良い展望地として知られる観光名所の一つです。

付近には一度は訪れたい絶景スポットとして選ばれる角島大橋や、日本で美しい場所31選に選ばれた元乃隅稲荷神社などの観光地が点在するレジャーを楽しむ拠点としても最適な立地。そんな千畳敷はキャンプ場としても利用可能です。

沈み行く夕焼けや、イカ釣り漁船の美しい漁火が展開される深夜、朝日に照らされる早朝とキャンプ泊ならではの絶景に出会えるのも千畳敷キャンプ場でアウトドア泊を行う魅力。

そんな千畳敷キャンプ場を実際に利用した感想や、注意事項を当記事で紹介していきます。キャンプ場の利用を検討している方は参考にしてみて下さい。

美しい展望と反面、強風に要注意

受付は千畳敷ないで唯一運営しているカフェ内で行います。利用料金は5人以下の少人数であれば、一人500円(2020年1月現在)で利用可能。観光地ということもあり、昼間にはテントの設営時に大勢の観光客の注目の的となるので利用開始は夕方ごろがお勧めです。

周囲はアスレチックなどの遊具が設置されておりキャンプ場というより、公園に近い印象。木造の大型のテーブルと椅子が備わっているので、混雑していなければ持参する必要がないのも嬉しいポイントです。

また綺麗に整備された大型の炊事場が利用可能なので、拘りのアウトドア料理を作成するのにもうってつけです。

高台という立地上、常に強風が吹き荒れているのでキャンプ慣れしていないと荷物が吹き飛ばされるので要注意。特に飛ばされやすいアイテムは、予め家に置いてきてしまうのも有効でしょう。

夜間の美しい漁火

昼間には一面日本海の大パノラマが広がる千畳敷ですが、夜間にはイカ釣り漁船の漁火と呼ばれる光がイルミネーションのように海一面に広がります。光に集まるイカの修正を利用した漁業の絶景はiPhoneだけでは撮影できないので、千畳敷高原キャンプ場でアウトドア泊を行う人々の特権です。

周囲で獲れるイカは、特牛イカと呼ばれる全国的にも知名度を誇るブランドを持つケンサキイカです。特にケンサキイカのスルメは一番スルメとも呼ばれ、最高級品として扱われます。

近辺の道の駅で地物の魚介類と共に入手可能なので、キャンプ泊のお供として是非海鮮BBQを楽しんでみては如何でしょうか。

〒759-4402 山口県長門市日置中1138-1

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。