買ってイマイチだったもの!焚き火台。〜屍を越えていけ〜

買ってイマイチだったもの!焚き火台。〜屍を越えていけ〜

キャンプギアとの出会いと別れ

こんにちは!
アマゾンで色々安くて良いものないかなと
日々怪しげなキャンプグッズ(と登山アイテム)を漁っています!

当たり率も高いけど
たまには失敗するよねというものもあり、
今回は少しイマイチだった焚き火台のご紹介と
それを踏まえて次は何にしようかな、という話です。

失敗した(?)焚き火台
こちら。
YOLER ファイアスタンド 焚き火台 メッシュシート 3分割タイプ 44cm収納 キャンプ タキビ バーベキューコンロ 簡単組立 YR-FS005 収納ケース付

この手の焚き火台はアマゾンに結構ありますし、
3分割でコンパクトになるので良いかなと。

実際使ってみたところ
コンパクトで良かったです。
僕の焚き火選びの条件として
・コンパクト(収納時)
・薪をそのままの長さで切らずに置ける
・シンプルで壊れにくい構造
上記の条件を目安にしています。

薪もそのまま乗って
位置を調整すれば料理や湯沸かしも出来ましたし
非常に使い勝手が良かったです!

ただし問題点として、
3分割の脚がすぐバラバラになるという問題がありまして。
組み立てるのも手間取るし
その後移動させるのも大変でした。。

それ以外は結構物を乗せても大丈夫でしたし
下がメッシュになっているので空気を吸い上げ
燃焼効率も良かったです。
かなり満足していたのですが。。

さらに致命的だったのが
10回目くらいの使用の際に
ついにメッシュが焼き切れてしまったということ。

(写真は写ルンですのレンズを使っているので画質悪くてごめんなさい。)

ああ〜、っという落胆と同時に
これで次のものが買えるとか半分考えちゃったのは内緒です。

以下、なんやかんや便利に使っていた思い出。追悼。

こうやって見返すと使っているときはかなり快適だったと思います。
しかし破れてしまったのなら仕方ない。
脚も使いづらいので新しいのにしようと。

以下良さそうだなと検討中のもの。

NOMADE (ノマド) ステンレス 焚火台 ファイアスタンド 簡単組立 メッシュシート (交換メッシュシート)

交換メッシュも用意されている同タイプの焚き火台。ちゃんと脚もありますよ。
脚は分割出来ないけどそれでいい。それがいい。
実際シンプルで良かったんですよね。あとはメッシュの耐久性がどれくらいなのかが疑問点。

焚き火台 バーベキューコンロ 五徳 超軽量 携帯便利 スピット(串) 2本 付

言わずと知られたマイクログリル。
すこし調べましたけど本家にだいぶ肉薄しているらしいですね。
山も登るので登山キャンプとかに持ち込むとすごく楽しめそう。
お値段本家の半額とはいえまぁまぁします。

DOD(ディーオーディー) 秘密のグリルちゃん 焚火台 BBQグリル【超軽量&コンパクト】Q1-506

DODもちょうど良い感じのものを出しています。ギリポケットにも入るサイズ。
薪を入れた時の調理の高さの確保が難しいかな?
剛性感に少し不安を感じる構造。

DOD(ディーオーディー) ライダーズファイアクレードル 焚火三脚 トライポッド 高さ108cm FT1-477

同じくDOD。トライポッド&メッシュ
こちらは上から物を吊るせるのが良いですよね。
じっくり肉焼いたり、米炊いたり。
チェーンで長さ調整出来るタイプは火力の調整がしやすいので
料理に向いていそうですね。
対荷重8キロだとダッチオーブンはきついかな。

終わりに

真冬は薪ストーブがメインになるのでそこまですぐ無いと困るわけでは無いのですが
何かしら欲しいのでもう少し考えます。
UL系だとRSRのものとかソラチタニウムのものも良いですね。
大人数でワイワイやるのでしたらもっと大型のものが良いかと思いますが
僕はこれくらいのが使い易かったりします。

何かみなさんのキャンプライフのお役に立てれば幸いです!
それではまた!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。